お知らせ詳細

介護職員等特定処遇改善加算に基づく取り組みについて

~当法人の介護職員等特定処遇改善加算に基づく取り組みについて~

 

令和元年度の介護報酬改定において「介護職員等特定処遇改善加算」が創設されました。

当法人は介護職員等特定処遇改善加算を取り入れ、職場環境の向上と職員の方々の更なる待遇向上に向けて取り組んでいます。

(賃金改善実施開始 令和2年04月~)

○特定処遇改善加算の取得状況についてお知らせいたします。

 《介護職員等特定処遇改善加算Ⅱ》

 ・介護付き有料老人ホーム すまいるホーム三緒 【(介護予防)特定施設入居者生活介護】

 ・デイサービスセンターさくら 【地域密着型通所介護・総合事業】

 ・へルーパーステーションさくら 【(介護予防)訪問介護・総合事業】

○見える化要件に基づき、特定加算の取得状況を報告した上で、職場環境等要件に関する具体的な取り組み内容を下記に掲示致します。

当法人では、数ある項目の中から、まずは重点的に次の各項目の内容に注力してまいります。

『資質の向上』
・職員からの要望を適切に汲みあげる管理者の育成のため研修実施
・働きながら資格取得を目指す方への受講支援

『労働環境・処遇の改善』
・新人介護職員の早期離職防止のためのエルダー・メンター(新人指導担当者)制度等導入
・子育てとの両立を目指す者のための育児休業制度等の充実
・ミーティング等による職場内コミュニケーションの円滑化による個々の介護職員の気づきを踏まえた勤務環境やケア内容の改善

『雇用形態の改善』
・非正規職員から正規職員への転換
・個々の経済状況やライフスタイルに応じ、随時相談の受け付け

その他にも、外部研修の実施や賃金体系の見直しを行い、より職員の方々が働きやすい職場環境を構築すべく取り組んでおります。